Stay at Homeで思ったこと

2020.06.06 Saturday

0

     

    新型コロナウイルス感染症によるStay at Homeで改めて気が付かされたことがありました。

    それは、「紅茶好きは旅行好き」です。そもそも私は紅茶の仕事を始める前(30歳チョット前)の時点で、日本に関して言えば全国47都道府県の内、唯一訪れたことが無かったのが宮崎県のみ(未だに残念ながら無し)で、それ以外は個人旅行なり仕事なりで訪れていました。

    紅茶の仕事を始めてからは、当然ながらお茶の生産国へ「仕入」やら「視察」だと理由をつけて訪問し、ヨーロッパやアメリカ等非生産国へは「お茶の展示会」はたまた「マーケット視察」などと理由をつけ、年に何度となく海外へ出向いておりました。

    それが、今年の3月以降、ぱったりと叶わなくなってしまったのです。最近、業務の都合で頻繁にチェックする様になったInstagramには、私の海外の茶友(結構一緒に海外へ行っている)がオフィスの壁面に描かれた世界地図に自分が訪れた国の国旗を貼り付けて、「もう二度と訪れることは無いだろう」と悲観的なコメントとともに写真をアップしておりました。

    一方で、今流行りの言葉「オンライン」を冠につけ、「オンライン紅茶ツアー」なる企画を立てられ、Instagramの写真で旅行気分を伝えようとされる前向きな紅茶会社オーナーの方もおられ、私の心も少し救われております。

    いつになったら海外へ行けるのか・・・。行けるとなったら何処へ行こうか・・・と、きっと多くの紅茶好きの方々は耐えているのでしょうね。

     

    ダージリンへ向かう若かりし頃の筆者

     

    Minoru Masuo

    コメント
    コメントする