【レシピ】アイシングクリームカップケーキ

2020.06.11 Thursday

0

    紅茶によく合うカップケーキを作りました。

    アイシングクリームをのせ、しっとりクリーミーな口当たりです。

    バタークリームがポピュラーかもしれませんが、クリームチーズのアイシングクリームなら、酸味がきいてくどくない!

    多めに作って、シナモンロールにのせても絶品です。

     

     

    最初サラダ油で作りましたが、ちょっと風味が足りないような気がして・・・

    一部をオリーブオイル(エキストラバージン)にしてみたら、風味が格段にアップしました。

    香りがよくて、コクが出ました。オリーブオイルって素晴らしい!

     

     

     

     

    アイシングクリームカップケーキ

    材料(12〜14個分)

     

    【粉類】

    薄力粉 180g

    グラニュー糖 200g

    片栗粉 大さじ2(18g)

    重曹 小さじ3/4(4g)

    塩 小さじ1/2(3g)

     

    【液体類】

    サラダ油 120cc

    オリーブ油 30cc

    無脂肪ヨーグルト 100cc

    低脂肪牛乳 50cc

    卵Mサイズ 2個

    バニラエッセンス 数適

     

    【アイシングクリーム】

    クリームチーズ 200g

    無塩バター 30g

    粉砂糖 100g

    レモン汁 1/2個分

    食紅 各色

    アラザン等 適量

     

    作り方

    1. オーブン予熱165℃
    2. 粉類はすべて合わせて、ふるっておく。
    3. 液体類もすべて合わせ常温においておく。
    4. ボールに粉類を入れ、少しずつ液体類を加え、ハンドミキサーでゆっくり混ぜ始める。
    5. 液体類をすべて入れたら、なめらかになるまでハンドミキサーの中スピードで混ぜる。
    6. マフィン型に専用の紙カップを敷き、生地を8分目まで注ぐ。
    7. 165℃のオーブンで25分程度焼く。
    8. 型から出して、冷ます。
    9. アイシングクリームを作る。
    10. 常温でやわらかくしたクリームチーズとバターをボールに入れる。
    11. ふるっておいた粉砂糖を何回かに分けて加え、その都度ハンドミキサーでよく混ぜる。
    12. レモン汁を加えてさらに混ぜる。
    13. お好みの食紅を混ぜて色付けする。
    14. 冷めたカップケーキの上に、スプーンやナイフでクリームを塗り、アラザン等で飾る。

     

    記事担当:mayu

    【レシピ】紅茶のクリームプリン

    2020.06.08 Monday

    0

      紅茶のプリンを作ろうと思いたったら、ゼラチンが品薄で手に入らない💦そこで思い立ったのがコーンスターチ代用レシピです!

       

      食感はクリームブリュレに近いです。作りたての温かいクリームがこれまた絶品❤❤❤冷やしてもよし、砂糖をふりかけトースターで焦がしてクリームブリュレ風でも美味しいです。

       

       

      〜紅茶のクリームプリン〜

      材料(小さなカップ5個分)

      熱湯 120cc

      牛乳 100cc

      生クリーム 100cc

      紅茶 8g

      砂糖 大さじ3

      コーンスターチ 大さじ3

       

      作り方

      々斑磴貿湯を注ぎ3分蒸らし、濾す。

      1にコーンスターチを溶かす。

      F蕕傍軻、生クリーム、砂糖を入れ中火にかけ、砂糖を煮溶かす。

      3にコーンスターチを溶かした紅茶液を加え、木じゃくしですぐによく混ぜてできあがり。

      シ燭貌れて冷やします。

       

      とにかく簡単でおいしいです〜💛

       

      記事担当:mayu

       

      Stay at Homeで思ったこと

      2020.06.06 Saturday

      0

         

        新型コロナウイルス感染症によるStay at Homeで改めて気が付かされたことがありました。

        それは、「紅茶好きは旅行好き」です。そもそも私は紅茶の仕事を始める前(30歳チョット前)の時点で、日本に関して言えば全国47都道府県の内、唯一訪れたことが無かったのが宮崎県のみ(未だに残念ながら無し)で、それ以外は個人旅行なり仕事なりで訪れていました。

        紅茶の仕事を始めてからは、当然ながらお茶の生産国へ「仕入」やら「視察」だと理由をつけて訪問し、ヨーロッパやアメリカ等非生産国へは「お茶の展示会」はたまた「マーケット視察」などと理由をつけ、年に何度となく海外へ出向いておりました。

        それが、今年の3月以降、ぱったりと叶わなくなってしまったのです。最近、業務の都合で頻繁にチェックする様になったInstagramには、私の海外の茶友(結構一緒に海外へ行っている)がオフィスの壁面に描かれた世界地図に自分が訪れた国の国旗を貼り付けて、「もう二度と訪れることは無いだろう」と悲観的なコメントとともに写真をアップしておりました。

        一方で、今流行りの言葉「オンライン」を冠につけ、「オンライン紅茶ツアー」なる企画を立てられ、Instagramの写真で旅行気分を伝えようとされる前向きな紅茶会社オーナーの方もおられ、私の心も少し救われております。

        いつになったら海外へ行けるのか・・・。行けるとなったら何処へ行こうか・・・と、きっと多くの紅茶好きの方々は耐えているのでしょうね。

         

        ダージリンへ向かう若かりし頃の筆者

         

        Minoru Masuo